独立後にエージェントを利用するメリット

フリーランスエージェントを利用するメリットとして最も大きいのは、自分で営業活動をする必要がないということである。独立後、フリーランスが最初に当たる壁の1つが仕事をどのように獲得するかだ。独立直後で実績のないフリーランスはまだそれほど信頼度が高くないので、仕事を依頼してくれるクライアントも少ない。
しかし、フリーランスのエージェントは会員の特性やスキルなどを分析し、会員にマッチしそうな案件を紹介してくれる。これにより、自分で営業活動に労力を割かなくとも良い案件に巡り会えるというわけだ。

フリーランスは会社に雇用されている立場と違い、事務も営業も企画も開発も、基本的に何もかも全て自分でやらなければならない。自分で自由に裁量できる点はメリットでもあるが、同時にほかにやってくれる人はいないというデメリットでもある。その一部分をエージェントがサポートしてくれることで、よりメインの業務に集中できるだろう。
また、エージェントでは専門のアドバイザーなどが相談に乗ってくれる。第三者のアドバイスを受けられるということもメリットの1つだ。
自分のことは自分が1番よくわかっていると思う人もいるかもしれないが、外側から見ると自分が理解していなかった部分も発見されるものである。エージェントが自分の特性やスキルを見極めてくれることで、自分の幅が広がるような良い案件に出会うこともあるだろう。エージェントの活用は独立後に成功するための1つの方法である。